Feng's illustration Blog.com

Feng's illustration Blog.comにようこそ 趣味で水彩画やデジタル画を描いています 絵を観て気持ちが温かくなるような・・・そんな絵をお届けできればうれしいです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

御仕舞の絵  



こんばんはフォンです。


このブログそんなに長くやったわけではないけれど、


まぁ、そこそこ続いたものです。


今日でここの更新終わりに致します。




ここに訪問いただいた皆様


どうもありがとうございました。




最後の絵は


薬師如来像



なんでこの絵なのか



以前から「写仏」がしたかったからです。


このブログ集大成の意味もこめまして


難易度の高い対象をあえて選び


今持ってる腕 技量  全力投球で描きました

一球入魂じゃないけど、描いてて痺れました




IMG (5)



仏様。実際京都や奈良で拝見すると、なんとも心が穏やかになる


そのお姿もそれぞれ個性があり、またほかの仏様も描いてみたいなって思う。

良いチャレンジでした








最後に・・・・・好きな本から一部抜粋 





「心のガラス窓」





昨日きみの手紙を受け取って、あんまり元気そうでないから
少し心配になった。
世の中にはいろんな人がいるし、他の人たちと
一緒にやっていくのがきみの仕事なんだから、たまには辛い思いもあるよ。


ぼくたちは、みんなピカピカの傷一つないガラスを心の窓に嵌めて生まれてくる。
それが大人になって、親から独立したり、仕事に就いたり、
出会いと別れを重ねたりしているうちに
そのガラスに少しずつ傷がつく。

時にはすごく硬い心の人がいて、そういう人が大急ぎでそばを走り抜けると
こっちの心にすり傷が残る。

夜の空から隕石のかけらが降ってきて心の窓にぶつかって
はねかえることもある。少しずつ傷の跡が増えてゆく。



でもね。本当は、傷のあるガラス越しに見た方が
世界は美しく見えるんだよ。

花の色は冴えるし、たった一本の草がキラキラ光ることもある。
賢く老いた人たちがいつもあんなに愉快そうに笑っているのは、
たぶんそのためだろうと思う。
歳をとるって、そういうことじゃないかな。
だから元気をだして。   バイバイ




池澤夏樹 「きみが住む星」より








人それぞれ大変な事めんどくさいこと抱えて生きてるわけで


それが大なり小なり、深い浅いあるものの、それでもがんばって生きて行かなきゃならんわけで


私自身


今年に入り大事なものをポツポツと失い

心のガラスの窓にキズが入り


今も面倒抱えており、深いキズが沢山入りました。

でも前出の本の言葉にあるように

それをも前向きにとらえつつ・・・・・


自由水彩画家フォンはこれからも好きなものを型にはまらず描いていきたいって


そう思います。


さようなら




                                 フォン




スポンサーサイト

Posted on 21:23 [edit]

category:

tb: --   cm: 0

仙台出張  

こんにちはフォンです(´∀`)


前回の投稿記事で絵のリクエストどうですか?って書いてみたら


その後た~~~~くさんのリクエストが!!!


来るわけないです(笑)


はい




さて



先週の土曜日から一週間仙台出張行ってました

75109_465254360186280_535105444_n.jpg



576901_466754143369635_1445264128_n.jpg





仙台と言えば杜の都ですよね


仕事なんで全く観光などいけませんし、そんな気力もないですけど


街は活気ある中でも、穏やかさを感じる大好きな街です


仙台名物数々あれど、今回もそれらを賞味する時間もなかったけど


仙台駅構内にある立ち食いそば屋さん


ホテルから出張先へ行く時、一回は行きます


朝食替わりに。


素朴なんだけど上手いんだ。温まるんですよね

560414_466383560073360_1713423413_n.jpg

きつねそば


神戸で立ち食いそば行くこと皆無ですけど、ここ仙台滞在時の、ちょっとした楽しみ



最後にホテルの部屋でパソコン(iPad)のお絵かきソフトで絵を描いた


577022_465470266831356_1236121306_n.jpg


部屋で飲んだお酒



あと酒のアテ  「いかフライ」100円


578482_465805633464486_1676478174_n.jpg


お疲れ様でした



Posted on 12:50 [edit]

category: Others

tb: --   cm: 0

ビンテージ 古いバイクの絵  


harei - コピー


相変わらず細かい絵描いてます


これは、先週末、一日がかりで描きあげた。


これを見た友人は、笑ってこう言った「男の子だね~」


そう、いくつになっても男の子なのだ。


貴方だってそうなのだ。いくつになっても男の子であり、女の子である

違う?


例えば対象が人形だったりミニカーだったり、大人になってもそれが


「可愛い」とか

「カッコイイ」とか

いつまでも


純粋に思えるヒトがそう。



※追伸 父退院しました。しかもパワーアップして(笑)


さて


厳しい夏も終わりですね、快適な秋がやってまいりました。

次は何を描こう・・・・

何かリクエストはないですか?


よかったら声かけてくださいね


コメントに入れていただいても、メールでもOKです。

メールアドレス☟

tintiranohana@yahoo.co.jp





                                フォン

Posted on 22:58 [edit]

category:

tb: --   cm: 0

エポック・メイキング  






フォンです


神戸では、まだ日中夏みたいに暑い

そして急に雷雨とへんな天気が続いてます。


はやく涼しくなって、どこか写生に出かけたいです(^-^)








最近色々と多忙で、ムシャクシャイライラすることが続いてまして・・・・


父親が肺炎で入院して仕事帰り、病院に毎日行き


そのあと実家の猫の世話はいいけど、ニャンコ達が暴れて家の中ひっくり返ってて


その片付け餌やりトイレの手入れ等々・・・

一匹小さいのが脱走して夜中に一人で大捜索(見つかりました)


ここんとこ帰宅が深夜になり


疲労困憊







そんな時



僕は何して発散するかというと


ひたすら「細かい絵」を描く!です。





ちょっと前、夜なべして描いた絵(寝ろよ)




実は自分の中では、エポック・メイキング・・・・画期的な絵になりました。




「エポック・メイキング」・・・・意味は  『画期的=時代に一つの区切りをつけるような


新しい事態の現れるさま』



こんな手法、こんなタッチの作品群をこれから配信していくのって

「あり!」


そのくらいの出来って(自分で言ってるだけですけど(^_^;))


で・・・・




何を描こうって考えてて、ちょっと前のサッカー、ヤングなでしこを思いだし


ヤングなでしこ→→大和撫子→→大和・・・戦艦大和→→艦橋とか細かい!

ってなわけで描いた絵がこれ




IMG (2) - コピー



戦艦大和の艦橋部


線は油性ボールペンで描きました。全てフリーハンドです。


背景の青空や雲はデジタルで描きました


アナログとデジタルを融合させたタッチ。



この感じ



僕はですけど、良くできましたです。



このボールペンタッチで、人や動物、乗り物、風景等々 描いてみたい



いずれ、フォンの絵と言えばこれって言えるタッチが誕生したらええな・・・・

Posted on 10:29 [edit]

category:

tb: --   cm: 0

個展の絵⑤ ラスト  



こんばんは、フォンです。


個展の10枚の絵、ご覧いただきありがとうございました。

今日ラスト2枚のご紹介。


2枚とも人物画です。



今回絵を出さして頂いた、カフェ ベレ はフランスの雑貨やアパレルなどの販売とフランステイストのランチやスィーツを出してます。

つまりオーナーさんフランスをこよなく愛してる


フランス満載のお店です。




そんなわけで、人物画は二枚ともフランスの女優さんです。


では


一枚目



タイトル『BERET』


「想い」 ベレの名前の由来でもあるベレー帽。

     みなさんに覚えていただける、響きの良い名前にしたくて。



IMG_0008 - コピー



「絵について」  オーナーさんイメージのベレー帽の色のイメージは濃紺。



このベレーをかぶるにふさわしいのはフランスの女優アンナ・カリーナという女優でした。


僕自身が往年のフランスの女優を選ぶ中で彼女の瞳が美しいblueであったことが決め手


そしてなんともキュートな笑顔で、彼女にベレー帽をかぶせた

Anna Karina




そしてラストを飾る絵です




タイトル『フランス映画の女優』

「想い」 セバーグ、ドヌーブ、アンナ・・・。ゴダールの映画は、まだまだ分からないけど、

フランス映画には、音楽やインテリアやファッションのヒントがいっぱい隠されています。


迷ったとき、頭の中で着せ替えごっこをします。「アンナはきっと着ない」そう思ったらその服は


買いません。




















僕自身が選んだ女優





Catherine Deneuve - コピー

「絵について」フランス女優・・


僕は、ドヌーブでした。「シエルブールの雨傘」で見せた可憐さを絵にしたくて。



この絵も「目」の出来が全てです。輪郭や瞳孔を描き最後に光を入れると命が宿る、


だから人物画って好きだ。



Date  紙   ホイルベンF4
絵の具 ホイルベン アーティストウォーターカラー
FABRIANO カラーペンシル
Hi-uni 3B、5B



以上で10枚の絵のご紹介完了です。


この場を借りて・・・・・




わざわざ、見に来てくれた方感謝


来たかったけど来れなかった方。感謝感謝


僕はそんな人に支えられて絵を描いています。


幸せな奴ですね。




                                      フォン





Posted on 23:18 [edit]

category:

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

カウンタァ

今何人?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析 QLOOKアクセス解析